わきが におい 消し

わきがにおい消しに効くデオドラント剤

わきがケアの方法は様々ですが、やはり基本となるのは汗対策です。特にわきがの臭いは汗の臭いそのものではなく、皮膚に住む菌がわきがの特有の成分を分解することで発生させるため、汗をかいた後に後始末するのでは遅く、汗をかかないようにしなければなりません。となれば役に立つのは制汗剤です。

 

制汗剤は様々なタイプが出ていますが、基本的な原理としてはどれも汗腺を閉めさせて汗を出なくするものです。それと同時に菌が繁殖しないように殺菌・抗菌成分が配合されているものも多く、これもわきが対策には非常に大きな効果を発揮します。

 

前述の通りわきが臭は皮膚常在菌が発生させているため、皮膚常在菌を除菌できていればそもそも臭いは一切発生しません。代表的な殺菌成分としてはミョウバン(アルム石)や銀イオン等があり、これらはわきが臭の抑制に非常に有効な成分として知られています。

 

制汗剤は様々なタイプが販売されていますが、わきがケアとして特に有効なのはロールオン(塗る)タイプの制汗剤です。わきがケアの場合皮膚常在菌の除菌と抗菌が重要なので、除菌・抗菌成分が皮膚上に長く残るロールオンタイプの制汗剤が効果が高いのです。

 

スプレータイプも一時的には十分に効果が得られますが、持続力では劣ります。またわきが用ではない制汗剤には香料が含まれているものも少なくありませんが、わきがの臭いと香料の香りが混じると余計にわきがの臭いが強調されてしまいますので注意してください。

加齢臭が発生する部位はどこ?

加齢臭が特に気になる部位というのは、若いうちでも体臭が目立ちやすい部位と共通しています。加齢臭の臭い成分は皮脂腺から分泌されるため、皮脂分泌が多い部位から加齢臭が発生することとなります。また皮脂分泌が多い人ほど加齢臭が発生しやすい傾向もあり、皮脂に悩まされた人は加齢臭にも頭を悩まされるかもしれません。

 

皮脂腺がある場所、と言ったら体全身ですが、特に多い場所はワキや頭皮、顔のいわゆるTゾーンなどです。ワキは臭いがこもりやすく、頭皮や顔は面と向かったときに相手の鼻に近い位置にあるため臭いが届きやすく、どちらもきちんと対策を行わないと周りに臭いが気付かれやすい部位です。

 

これらの部位の臭いケアですが、基本的にこまめに拭うことを基本とすべきです。加齢臭の臭い成分に集中して効くスプレーなどもありますが、同時に皮脂も分泌されるため、皮脂を放置すれば酸化して酸っぱい臭いを放ちますから、皮脂ごと加齢臭の臭い成分もぬぐい取ってしまうのが確実です。

 

また、ワキの下はミョウバン水などの定番の臭い対策が加齢臭対策にも有効です。ミョウバン水は皮膚常在菌を一時的に殺菌し、臭いを発生させなくします。これを使い皮膚を清潔に保てば、少なくともワキ臭と加齢臭が混じって強い悪臭になることは避けられますし、拭き取れば臭いも綺麗にぬぐい取れるようになります。ミョウバン水の効果は数時間から半日近くと長時間持続するので、一日二回塗ればだいたい一日中効果が持続すると言っていいでしょう。

 

参考:加齢臭対策シャンプー

 

更新履歴